石綿被害の救済・補償

石綿を原因とする病気(中皮腫、石綿肺、肺がんなど)は、いずれも命に関わる重篤な症状を引き起こします。患者やその家族は治療費負担、その後の生活について非常に強い不安をお持ちです。

過去の仕事や生活環境により、石綿を原因とする病気にかかった方は、労災保険や石綿救済法によって国からの補償が受けられます。(*時効期間がありますからできるだけ早く申請しましょう。)

また、労災、石綿救済法によって補償を受けた後、企業に対して損害賠償を請求できる場合もあります。

このページで概要をご確認のうえ、当弁護団にご相談下さい。

*アスベストの性質やそれによって引き起こされる被害は【アスベスト(石綿)を知る】をご覧下さい。

労災・石綿救済法

このような方は被害者相談をご検討ください。

1. 労災保険、石綿救済法(労災時効救済)

補償の対象になる病気

中皮腫、肺がん、石綿肺(じん肺)、びまん性胸膜肥厚、良性石綿胸水がその対象です。補償対象となるための勤務期間や医学的根拠については、基準が定められています。【石綿関連疾患の認定基準】

給付(補償)の内容

療養期間中の治療費、休業補償のほか、死亡した場合には葬祭料や遺族補償も受けられます。

*補償額には一定の限度があります。また、慰謝料は支給対象外です。被害について完全な賠償を求める場合には、過去の勤務先に損害賠償請求を行う必要があります。詳細は【損害賠償請求】をご覧ください。

期間制限

各給付には2年又は5年の期間制限があり、期間を過ぎると時効となり給付が受けられなくなります。ただし、死亡後5年を経過した事案でも、石綿救済法による特別遺族給付金を受けられる場合があります。

2. 石綿救済法(労災以外)

対象になる病気

中皮腫、肺がん、石綿肺(じん肺)、びまん性胸膜肥厚が補償の対象です。労災の認定基準に一部準拠していますが、肺がん、石綿肺については労災よりも厳しいのが特徴です。

詳細は【石綿関連疾患の認定基準】をご覧ください。

給付(補償)の内容

治療費、療養手当、葬祭料等を受けることができますが、労災に比べると支給額が少ないのが実情です。

損害賠償請求

賠償金の請求方法

石綿による被害者のため、労災等とは別に、一定額を支払う補償制度を設けている企業もあります。

しかし、独自の補償制度を設けている会社はほとんどありません。たいていの場合は労災認定後、被害者側で損害を計算したうえで企業と交渉します。交渉に応じない場合は訴訟して賠償金額を決定します。

請求できる損害の対象

損害賠償の対象は、治療費、病気で仕事できなかった期間の休業損害、将来にわたって仕事できなくなったことによる逸失利益のほか、病気で苦しんだことによる慰謝料などです。

治療費や収入に対する補償が労災保険で支払われている場合には、企業に求める損害賠償の中心は慰謝料になります。

慰謝料の相場(過去の裁判基準)

症状の進行度や被害結果によって変わりますが、おおむね1000万円~3000万円までの範囲で解決することが多いです。

このような方もご相談下さい。