アスベスト訴訟弁護団による解決事例

以下、当弁護団がこれまで、企業賠償事件、泉南型(工場型)アスベスト和解手続きにおいて、企業や国と解決した事例をご紹介します。

※ 被災者の(生存・死亡)表記は、裁判当時のものです。
※ いずれも労災認定またはじん肺管理区分決定を受けたうえで国から賠償金を受領しました。

企業賠償解決事例

〇近鉄高架下事件
事件名 近鉄高架下建物訴訟
被害者 男性・悪性胸膜中皮腫による死亡
作業内容 吹付アスベストのある部屋への入退出
解 説 鉄道高架下のテナント物件を賃借して文具店を営んでいた商店主が中皮腫を発症した事案です。発症の原因は、店舗2階に相当する倉庫の壁に毒性の強いクロシドライト(青石綿)が吹き付けられており、継続的な振動によって吹付け石綿が剥離し、飛散する状況下で長期間出入りしたためでした。
この案件は、使用者-労働者の関係にある企業賠償事件と異なり、賃借していた建物の安全性の欠如【工作物責任】を主たる根拠として賠償請求する前例のない事案でした。訴訟提起から約3年をかけて大阪地裁で勝利し、続く大阪高裁でも勝訴判決を得ました。 しかし、企業側の上告が受理され、最高裁において弁論が開かれました。最高裁は建物が安全性を欠くに至った時期を特定するべきとの判断を示し、事件を大阪高裁に差し戻しました。差し戻し後の大阪高裁において、みたび企業責任が認められ、約6000万円の賠償金元金と平成18年6月から年5パーセントの遅延損害金の支払義務が確定しました。提訴から7年を経て完全決着しました。
参照情報 大阪地裁判決平成21年8月31日・判例タイムズ1311号183頁ほか、大阪高裁判決平成22年3月5日、最高裁判決平成25年7月12日・最高裁判所裁判集民事244号1頁、判例タイムズ1394号130頁、大阪高裁判決平成26年2月27日・判例タイムズ1406号115頁ほか
〇旧国鉄鷹取工場事件
事件名 旧国鉄鷹取工場訴訟
被害者 男性・悪性腹膜中皮腫による死亡
作業内容 鉄道車両の検査修繕に関する工場内作業
解 説 旧国鉄の社員が20年間、鉄道車両の修繕業務に従事し、鉄道に取り付けられた石綿製品の取り外しや管曲げ作業で用いる石綿布から発生する粉じんによって中皮腫を発症した事件です。2007年8月に神戸地裁に提訴し、訴訟では被害者の先輩社員らが当時の作業状況を克明に証言しました。その結果、判決前の和解協議により、2009年3月、勝訴判決にほぼ等しい和解が成立し、約3600万円の和解金を受領することができました。
〇М工業事件
事件名 М工業訴訟
被害者 男性(いずれも石綿肺管理2)
作業内容 吹き付けアスベスト等の除去工事など
解 説 アスベスト除去工事を実施する企業の下請け企業において、1985年代から2004年まで勤務して石綿肺に罹患した被害者らが、元請け企業を相手に訴訟を提起した事件です。2007年12月に提訴し、すべての証拠調べを終えた後、裁判所からの和解勧告により2010年12月に一定額の支払いを受けて解決しました。
〇日通・ニチアス王寺工場事件
事件名 日通・ニチアス王寺工場訴訟
被害者 男性(悪性胸膜中皮腫による死亡)
作業内容 アスベスト製品、原料の搬出、搬入作業に関する工場内作業
解 説 昭和30年代から日本通運株式会社(日通)で勤務していた被害者が、日本アスベスト(現㈱ニチアス)王寺工場内でアスベスト製品や原料の搬出、搬入作業に従事して悪性胸膜中皮腫にかかり、死亡した事案です。2008年2月、日通とニチアス両方を相手に訴訟を提起しました。奈良地裁は両者に責任を認めて約2620万円の支払いを命じましたが、大阪高裁(控訴審)では日通の責任のみ認め、ニチアスの責任は認めませんでした。日通は一旦上告したものの、その後取り下げて事件は確定しました。
参照情報 大阪地裁判決平成23年3月30日・判例タイムズ1366号195頁ほか、大阪高裁判決平成24年5月29日・判例時報2160号24頁
〇四国電力事件
事件名 四国電力訴訟
被害者 3名(石綿肺管理4、石綿肺管理2、中皮腫)
作業内容 火力発電所の設備点検
解 説 四国電力西条火力発電所内において、電気係、ボイラ係、タービン係であった被害者らが、発電所設備の定期点検時などに石綿製品を取り扱って石綿粉じんにばく露した事案です。2008年8月と12月に提訴しました。審理中に電気係の被災者が死亡されましたが、遺族が訴訟を承継されました。すべての証拠調べを経た上で、2011年7月に3名総額6900万円の解決金を受領する内容で和解しました。
〇日通・クボタ事件
事件名 日通・クボタ訴訟
被害者 5名(石綿肺、肺がん、中皮腫。いずれも死亡)
作業内容 アスベストの積込み・積下ろし作業
解 説 日本通運の元従業員が、麻袋に入ったアスベストを神戸港で積み込み、 クボタ神崎工場(尼崎市)まで運搬して積み下ろしする業務に従事して石綿関連疾患を発症した事案です(うち1名は日通車庫内での積下ろし作業)。2009年1月に日通とクボタを相手に神戸地裁に訴訟提起しました(うち1名は日通のみ)。訴訟では、石綿粉じん発生状況や当時の石綿による健康被害に対する予見可能性が争われましたが、複数の証人尋問等を経て、2012年3月には、4名の被害者に対してクボタが各1000万円の解決金を支払うことでクボタと和解しました。さらに、同年6月には、日通に対する責任を認める判決が下されました。日通はこれを不服として大阪高裁に控訴。しかし、2014年1月、控訴審でも日通の責任は認められ、5名全員の被害者遺族に対して、元金及び遅延損害金あわせて約1億5800万円の支払いを命じる判決が確定しました。
参照情報 神戸地裁尼崎支部判決平成24年6月28日・判例時報2160号63頁
〇山陽断熱・クラレ事件
事件名 山陽断熱・クラレ訴訟
被害者 7名(石綿肺4名(3名死亡、1名生存)、肺がん3名(2名死亡、1名生存)
作業内容 クラレ工場内での保温断熱工事
解 説 昭和30年代以降、瀬戸内地方にある株式会社クラレの工場内で配管等の定期修繕、新設工事のために石綿保温材を取付け、取り外ししていた元従業員らの事件です。従業員(及びその遺族)らは、元勤務先の山陽断熱、施設管理者のクラレを相手に2009年1月、岡山地裁で訴え提起しました。遺族兼被害者1名、被害者遺族3家族で提訴し、後に生存中の被害者1名、遺族1家族が追加提訴しました。2013年4月、地裁は、勤務先の山陽断熱について責任を認めましたが、クラレに対しては責任を否定しました。控訴審では、被害者及びその遺族に対し、山陽断熱が計1億2000万円以上を支払うことで和解解決しました。
参照情報 岡山地裁判決平成25年4月16日・労働判例1078号20頁
○神戸港港湾労働者事件
事件名 神戸港港湾労働者集団調停
被害者 16名(石綿肺、肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚等)
作業内容 港湾荷役作業、倉庫内作業、運搬作業ほか
解 説 戦後、日本各地の港では、大量の石綿が外国の貨物船によって輸入されました。昭和30~60年ころまでに石綿袋を積み下ろし作業に従事した登録日雇、常用雇用の多数の元労働者が、石綿肺、肺がんなどの石綿関連疾患を発症しました。闘病中の元港湾労働者と遺族らが、2012年12月、神戸簡易裁判所に集団で調停を申し立てました。交渉の末、2014年3月以降、次々に調停解決が実現しました。港湾労働者、港湾運送事業者の元従業員らと会員企業の賠償交渉や訴訟は、今も日本各地で行われています。
○石綿肺がん賠償請求事件
事件名 大内訴訟
被害者 男性・石綿肺がんによる死亡
作業内容 造船所内の重量物運搬
解 説 千葉県の造船所で働いていた労働者が、肺がんにかかって死亡した事案です。1992年に労災認定を受けましたが、企業からの補償がありませんでした。関東の古川武志弁護士が勤務先に対して慰謝料等の賠償を求めて1995年に提訴しました。当時、石綿肺(じん肺の一種)の所見がない肺がんについては、喫煙など他の原因もあるとして企業補償が認められていませんでした。古川弁護士が当時の医学知見を集積し、入念な主張を展開したことにより、1997年10月、勝利的和解で終結しました。この訴訟を通じてアスベストと関連疾患に対する知見を深めた古川弁護士は、大型訴訟である米軍横須賀基地石綿じん肺訴訟を提起しました。
〇米軍横須賀基地石綿じん肺事件
事件名 米軍横須賀基地石綿じん肺訴訟(第1次~第4次)
被害者 12名(第1次のみ。石綿肺管理2~4、いずれも死亡)
作業内容 基地内での軍艦の修理作業
解 説 神奈川県横須賀市内の米海軍基地(旧日本海軍の造船施設)で艦船の修理、点検作業に従事していた労働者らが石綿肺を中心とするじん肺にかかり、続発性気管支炎等の症状を呈して多数死亡した事案です。古川弁護士らが1999年7月に第1次訴訟を提訴しました。国を相手取った大型の訴訟であり、長期化が見込まれましたが、古川弁護士の当初の予告どおりほぼ3年で地裁決着、全員について賠償が認められました。時効完成対象者3名のみ国が控訴し、残念ながら該当者のみ敗訴しました。被災者らの雇用主は日本国であり、米海軍が被災者らを指揮命令する特殊な雇用形態でした。米軍はアスベストの危険性を承知しており、その取扱いについて一定の記録を残しており、これらを入手できたことが訴訟上大変意義深いものでした。2004年(第2次)、2005年(第3次)、2007年(第4次)と、横須賀基地で同種の被害を受けた労働者らの訴訟も提起し、いずれも国と勝利的和解(第4次のみ判決)で解決しました。
裁判例情報 (第1次)横浜地方裁判所横須賀支部判決平成14年10月7日・判例タイムズ1111号206頁、横浜地方裁判所横須賀支部判決平成21年7月6日・判例時報2063号75頁ほか
〇札幌ホテルボイラーマン事件
事件名 札幌ホテルボイラーマン訴訟
被害者 男性・中皮腫による死亡
作業内容 ボイラー室の修繕
解 説 ホテルのボイラー室内を定期的に点検、修繕していた従業員が中皮腫に罹った事案です。被害者遺族が平成16年6月、札幌地裁に提訴したものの平成19年3月に敗訴(棄却)して当弁護団に依頼されました。関東弁護団のメンバーが石綿粉じんばく露状況や医学的問題点等を詳しく主張した結果、2008年8月、札幌高裁で逆転勝訴の判決を受け、最高裁で確定しました。これ以前の裁判例では、中皮腫の慰謝料を1500万円に抑えるものもありましたが、札幌高裁では、3000万円の慰謝料を認めました。
参照情報 札幌高等裁判所判決平成20年8月29日・判例タイムズ1302号164頁ほか
○旧国鉄大船工場事件
事件名 旧国鉄大船工場訴訟
被害者 男性・悪性胸膜中皮腫
作業内容 電車の修理改造
解 説 旧国鉄で1963年から1987年まで工場内で電車の修理改造等の作業に従事していた男性が、2004年悪性胸膜中皮腫により死亡した事案です。旧国鉄の業務災害認定(労災に相当)を受けたのち、2007年1月、慰謝料などを求めて横浜地方裁判所に提訴しました。審理の結果、JR貨物・旧国鉄操車場訴訟と同時に和解解決しました。
○JR貨物・旧国鉄操車場事件
事件名 JR貨物・旧国鉄操車場訴訟
被害者 男性・悪性胸膜中皮腫
作業内容 ブレーキパッドの研ま作業など
解 説 1963年に旧国鉄に就職し、民営化を経て2000年までJR貨物に所属して貨物列車の編成作業などに従事した元労働者が悪性胸膜中皮腫にり患し、労災認定を受けました。旧国鉄とJRを相手取って2007年に損害賠償訴訟を提起しました。貨物列車の編成作業中にアスベストの入った合成制輪子(ブレーキ)の粉じんの曝露が原因であると主張し、証拠調べの結果、2008年12月に和解解決しました(旧国鉄大船工場訴訟と同時解決)。

国家賠償和解手続き 解決事例

当弁護団では、これまで、西日本、関東を中心に160件を超える国賠の相談をうけ、順次解決しています。全ての詳細を紹介することはできませんが、解決例の一部詳細と、これまで取り扱ってきた事例の傷病名、勤務先、作業内容などをご紹介いたします。

ご自身や身内に対象となる方がおられる場合、当弁護団までご相談ください。

※ 被災者の(生存・死亡)表記は、裁判当時のものです。
※ いずれも労災認定またはじん肺管理区分決定を受けたうえで国から賠償金を受領しました。

【1】
提訴年月日 2015年3月20日
裁判所 大阪地方裁判所
被災者性別 男性
傷病名(生存・死亡) 中皮腫(死亡)
事業場(当時) 五稜石綿稲田工場【東大阪市】
作業内容 石綿紡績糸を使って石綿布を製作する機織り作業。
和解年月日 2015年7月3日
【2】
提訴年月日 2015年5月1日
裁判所 大阪地方裁判所
被災者性別 男性
傷病名(生存・死亡) 中皮腫(死亡)
事業場(当時) 藤田鉄工所【大阪市西淀川区】
作業内容 旋盤で石綿製の水道管と継ぎ手に接続用の溝を彫る作業。
和解年月日 2015年8月6日
【3】
提訴年月日 2015年6月19日
裁判所 大阪地方裁判所
被災者性別 男性
傷病名(生存・死亡) 肺がん(死亡)
事業場(当時) 万年スレート【大阪市西成区】
作業内容 石綿スレート、石綿シートの製造。
和解年月日 2016年2月23日
【4】
提訴年月日 2015年6月19日
裁判所 大阪地方裁判所
被災者性別 男性
傷病名(生存・死亡) 中皮腫(死亡)
事業場(当時) 第一石綿工業【大阪市平野区】
作業内容 石綿と生ゴム、溶剤の混和作業、シート切断など。
和解年月日 2016年1月19日
【5】
提訴年月日 2015年11月27日
裁判所 神戸地方裁判所
被災者性別 女性
傷病名(生存・死亡) びまん性胸膜肥厚(生存)
事業場(当時) 河原保温工業所【神戸市】
作業内容 石綿布団製作(石綿布の裁断、縫製、石綿の詰め込み)
和解年月日 2016年7月13日
【6】
提訴年月日 2015年11月27日
裁判所 神戸地方裁判所
被災者性別 男性
傷病名(生存・死亡) 中皮腫(死亡)
事業場(当時) 山口鉄工所、菱産スレート西宮工場【兵庫県西宮市】
作業内容 石綿管の加工。材料撹拌用モーターの点検・修理。
和解年月日 2016年12月26日
【7】
提訴年月日 2015年12月4日
裁判所 鹿児島地方裁判所
被災者性別 男性
傷病名(生存・死亡) 中皮腫(死亡)
事業場(当時) カナエ石綿工業【大阪府茨木市】
作業内容 石綿とガラス繊維を混合させプレス機械で成型する作業。
和解年月日 2016年7月20日
【8】
提訴年月日 2016年9月26日
裁判所 神戸地方裁判所尼崎支部
被災者性別 女性
傷病名(生存・死亡) 腹膜中皮腫(死亡)
事業場(当時) 新山石綿工業所【兵庫県尼崎市】
作業内容 石綿製品再生工場での破砕物の袋詰めなど
和解年月日 2017年2月1日
【9】
提訴年月日 2016年6月2日
裁判所 大阪地方裁判所
被災者性別 男性
傷病名(生存・死亡) 石綿肺管理2合併症無し(生存)
事業場(当時) 東洋石綿【大阪府河内長野市】
作業内容 石綿板の製造(石綿袋の開封、投入作業)
和解年月日 2016年9月23日
【10】
提訴年月日 2016年9月15日
裁判所 岐阜地方裁判所
被災者性別 男性
傷病名(生存・死亡) 肺がん(死亡)
事業場(当時) ニチアス羽島工場【岐阜県羽島市】
作業内容 耐火板の検査
和解年月日 2017年9月22日
【東京】
提訴年月日 2015年6月25日
裁判所 東京地方裁判
被災者性別 男性
傷病名(生存・死亡) 肺がん(死亡)
事業場(当時) 三好石綿【千葉県千葉市】
作業内容 工場内の設備の修理・点検等の設備保全作業の外に、開封・投入作業、タンク内に固まった石綿含有原料を砕く作業等
和解年月日 2016年6月3日
【東京】
提訴年月日 2016年9月28日
裁判所 東京地方裁判所
被災者性別 男性
傷病名(生存・死亡) 石綿肺、肺腺癌(死亡)
事業場(当時) 明興産業【埼玉県】
作業内容 解綿するための粉砕作業、石綿にタルクを混入する作業、石綿を麻袋に袋詰めする作業等
和解年月日 2017年5月23日